作業者

コストがかかりやすい工場は省エネ対策で費用を削減できる

働く環境のエコ推進

工場

手軽に始められる照明交換

家庭での省エネが推奨されるようになって長く経ちますが、今では工場の省エネ対策が求められています。しかし工場設備の改善は、費用が大幅にかかることからいっぺんに変えることが出来ません。そこで、大規模な工場から中小規模の工場まで、比較的簡単に出来る省エネ対策としてLED照明への切り替えが進められているのです。工場は天井が高く、切れてしまった照明を変える手間がかかります。そこで寿命が長く消費電力も少ないLED照明へ切り替えることは、労力の削減や電気代の削減に効果を上げているのです。LED照明機器への切り替えは初期投資はかかりますが、10年以上取り換えの必要もなくなる場合も多く、結果的にはコスト削減につながるのです。

地球にやさしいエコ照明

販売された当初は高価な照明器具だったLEDですが、普及が進み低価格化種類も豊富になりました。LEDの特徴はその寿命です。一般的な白熱電球が1000〜2000時間、蛍光灯でも6000〜12000時間とされる中、LED照明の寿命は4〜6万時間と言われています。高い天井にある工場照明を頻繁に交換しなくて済むために、人件費・作業費が大幅に削減でき、エコへつながるのです。電気代が安いことはよく知られていますが、LED照明は発熱しないという特徴もあります。照明がLEDに変わることで、夏場の空調の機器がかなり効きやすくなり省エネ効果が生まれます。そして消費電力の大幅な削減は、CO2削減へとつながり地球温暖化防止への貢献度が高いのです。

電気料金の節減対策

パソコンを見る女性

実量制を採用した電気料金体系では、30分ごとに計測される電力使用ピーク値を意味するデマンド値で基本料金が決まります。これを抑制する目的でピーク値を制御するための機器が、デマンドコントロールシステムです。電力自由化を背景に一般家庭でも実量制契約が増えており、デマンドコントロール人気が高まっていきます。

詳細を確認する

光熱費を削減

コンセント

企業などでの電気料金については、最大利用電力量に合わせて料金体系が設定されている。そのため、一瞬でも最大電力を超えると、基本料金が上がってしまう。それを防止するために、デマンドコントロールの導入が効果的である。

詳細を確認する

電気料金節約の工夫

スマホを持つ男性

デマンドコントロールとはデマンド(最大電力)をコントロールするというものです。日本の電気料金では基本料は最大電力消費量によって決まりますが、この最大電力をコントロールして最小限にすることで電気料金を節約することができます。

詳細を確認する