光熱費を削減|コストがかかりやすい工場は省エネ対策で費用を削減できる
作業員

コストがかかりやすい工場は省エネ対策で費用を削減できる

光熱費を削減

コンセント

企業などにおいては、電力料金は最大の電力利用量に応じて基本料金などが設定されていることが一般的である。最大の電気利用が一瞬増えることで、その値が最大値とみなされ、最大値に合わせた契約電力プランでの契約になってしまう。この場合、電力利用の最大値が高いほど、高い料金設定となってしまう。そのため、一瞬超えた電力をもとに基本料金が高い料金で設定されてしまうと、企業にとって負担が大きなものになってしまう。そのため、これらを抑えるものとしてあるのがデマンドコントロールである。デマンドコントロールは、電力量の最大値を監視するためのシステムである。電力量が一定を超えそうになると警告を発するなどで注意喚起を促してもらえる。

デマンドコントロールを導入することにより、企業では様々なメリットを受けることができる。そのメリットとして大きいのがあ、電気料金の削減である。一瞬超えそうになる最大電力を事前に防ぐことで、基本料気を安く抑えて電力利用できるということがある。また、デマンドコントロールの種類によっては警告を発するのみではなく、電力の供給を制御するというものもある。警告を発するものでは、その傾向に沿って適切に対処しないと最大電力を超えてしまうことがある。しかし、電力そものをコントロールしてくれるデマンドコントロールであれば、機械でのコントロールにより最大電力を超えることを防げる。そのため、手間をかけず確実に行うにはそれらの導入が最適である。