電気料金節約の工夫|コストがかかりやすい工場は省エネ対策で費用を削減できる
作業員

コストがかかりやすい工場は省エネ対策で費用を削減できる

電気料金節約の工夫

スマホを持つ男性

消費電力の監視と制御

電気料金を節約するためには余分な電力を使用しないことと、それにともなって契約内容を最低限のものに変更する必要がありますが、それらを行うための方法としてデマンドコントロールがあります。デマンドとは最大需要電力のことであり日本においてはこれに従って契約が行われています。契約上の供給電力はブレーカーによって制御されており、設定された電気量を超過すると自動的に電力の供給が停止されます。しかし、従来のブレーカーは熱によって作動するものであり一度、落ちると復旧に時間が掛かります。このため余裕を持って契約をしますが、この余裕が基本料金が高くなり電気料金が高くなります。デマンドコントロールでは、使用している電力を監視して設定された値が超えないように制御することを指します。

導入するさいの注意点

デマンドコントロールそのものはあくまでも使用している最大電力(デマンド)を監視することが目的です。この最大電力を抑えることで基本料金を下げることが可能です。デマンドコントロールを導入していない場合には、供給電力を超過すると予告なしにブレーカーが働いて電気が停止します。電気の停止が発生すれば使用している電気を使用する機器に悪影響が及ぶことになります。このため余裕をもって契約をするわけですが、この余裕は無駄とも言える電力量といえます。デマンドコントロール装置を導入することで、最大電力に近づくと警告を発したり、自動で特定の電気機器への電力供給を停止するといったことが行えるようになります。これによって最大電力を下げることができ契約基本料を下げることができ、電気料金の節約に繋げることができます。