電気料金の節減対策|コストがかかりやすい工場は省エネ対策で費用を削減できる
作業員

コストがかかりやすい工場は省エネ対策で費用を削減できる

電気料金の節減対策

パソコンを見る女性

電力ピーク値で決まる料金

電気料金の契約は一般家庭に多いアンペア契約と、店舗施設やオフィス・工場などに多い実量制の2種類に大きく分けられます。アンペア契約では契約アンペア数を超過するとブレーカーが落ちる仕組みとなっていますが、実量制では30分ごとに測定される電力使用ピーク値で基本料金が決まります。後者では直近1年間に計測されたピーク値が基本料金になる例と、契約に基づくピーク値を超えた場合に超過料金を請求される例があります。そのため実量制を採用している施設では、この電力使用ピーク値を意味するデマンド値を制御するための機器が多く導入されています。電力使用が設定値に達すると警報を発したり、自動的に電気機器を調節したりして電力使用量を抑制するのがデマンドコントロールシステムです。デマンド値の制御方法には警報を受けて手動で制御する方式に加え、空調設備などを自動でコントロールする方式の2種類があります。こうしたデマンドコントロールシステムを導入することで電力使用ピーク値を低く抑えられるため、基本料金も安く設定できます。現在ではネットワークを通じてPC上からのコントロールが可能な製品も登場し、利便性が向上しているのです。

基本料金の節減に効果

このようなデマンドコントロールシステムも、従来は店舗や工場・オフィスを所有する企業や施設で利用されてきました。一般家庭ではアンペア契約が大半だったことから、デマンドコントロールとは無縁のように思われがちです。しかしながら一般家庭向け電力小売の完全自由化が実現し、電力会社によっては家庭向けの電気料金契約にも実量制を採用する例が増えています。そのため家庭向けデマンドコントロールシステムの需要が高まっており、電力契約と同時に導入する家庭も少なくないのです。住宅にデマンドメーターを設置することで電力使用ピーク値が常時監視され、電気料金の節約に役立てることが可能になります。デマンドメーターには短時限式と長時限式の2種類があり、瞬間的な電圧・電流を測定して設定値を超過した電力を遮断できる短時限式が多く利用されています。一般家庭でもこうした計測器と連動したデマンドコントローラを導入することで、実量制契約の電気基本料金を抑えることができるのです。デマンドコントロールシステムと併用すれば実量制に基づいた有利な電気料金プランへの乗り換えも可能となるため、節電に関心の高い家庭で人気が高まっています。